Top

バケラッタ、SHINO、mic.b、イーグル藤田の4メンからなるグループ ザグラスホッパーセット
by thegrasshopperset
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
infomation
「跳躍」
1st Album「跳躍」
The Grasshopper Set
ザ・グラスホッパーセット
2008.9.6発売!!!
¥1,575-(in TAX)
MBB-1001

-Track List-
01 Soulman Standing
02 Pass dat Shit
03 Ahh Yeah!!
04 レコブクロ [PV]
05 '96夏(RE:rec ver)
06 yourself myself
07 人生の主役
08 女と浜辺
09 浜辺の女
10 Stay Tune!







試聴はこちらから!
[my space]
ライブ映像!
[you tube]
mixiはこちら!

Funky LINK!!
mic.b [my space]
バケラッタ [my space]
SHINO[my space]
音ノ源
イーモトロールblog
ASAYAKE RECORDS
関口紘嗣
bullpen lab
DJ 大自然
amebreak
お気に入りブログ
カテゴリ
ライフログ
最新のトラックバック
検索
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
仮装の神様。
こんにちは、ご機嫌麗しゅう。


さて、今回は前回の私(バケラッタ)が告知した通り、「仮装の神様」と称される、サルバドール・スキカッソウ先生にお話をお聞きした、どこかの誰かの持ってた、何とかって言う雑誌のインタヴューの、そのマスターテープを独自のルートで入手!
そしてその、世界中の仮装、ハロウィン、コスプレマニアを虜にしてやまない、「稀代の天才」サルバの言葉を、独自のルートで原稿化!

もちろん独自のルートでお届けしよう。



■仮装って、心の一番やらかいトコなんだよ。理由なんて必要ない。



ーこんにちは、今日はよろしくお願いします。

サルバドール・スキカッソウ(以下Sか好)「宜しくね。」

ーまずは簡単に先生の生い立ちなんかをお聞きしましょうか。

S「それは必要ないよ。仮装をする者は無駄に自分の情報を相手に与えないものなんだ。

ーそれは何故ですか?

S「中身は必要ない。見た目が全てなんだ。見た目で判断して欲しい。その2つの目で見えるものが全てなんだ。」

ー一応、インタヴューなんで。

S「じゃあ別の話にして欲しいな。」

ー仮装との出会いを教えてください。

S「自然の流れさ。物心ついた時からしてた。」

ー誰にも言われずに?

S「そうだね。」

ー独りで?

S「悪いか?

ーいえ。凄いと思います。

S「ありがとう。友達が居なかったものでね。

ー私服は意外にも、割と普通ですね。

S「それは語弊がある。こちら側が私服だと、決めつけてるのは君だけじゃないかな?」

ー確かに。失礼致しました

S「なんて言うか、仮装って、心の一番やらかいトコなんだよ。理由なんて必要ない。一番大切なのは、恐れを捨てる事だね。」

ー確かに、それはあると思います。

S「大抵の人はやはり恥をかく事や、醜態をさらす事に恐れを感じる。それは人間として自然なんだ。だから恐れを乗り越えた者の仮装は芸術になるのさ。」

ー深いですね。

好「深くねーよ。





■パクチーが苦手だからトムヤムクンを食べないんじゃない。トムヤムクンが苦手なのをパクチーのせいにしてるだけだ。



ー今回の11月6日のキレてる6人について聞かせてください。

S「今回のパーティは明らかにハロウィンを過ぎてる。それがまた良い。未練を感じる。」

ー仮装し足りないと。

S「欲しがってるね。仮装欲のカオスだね。

ー1番の見所、楽しみ所は?

S「今回はグループで参加してるゲストも多い。もしかしたらチームプレイなんかもあるかもしれないね。後はいつまで着てられるかなんかも注目だね。」

ータフですね。

S「仮装とはまさに不便さ、羞恥心との耐久レースなんだ。」

ー先生も色々苦労されたんですか?

S「軽く地獄を見たね。」

ーその経験から得たものは?

S「仮装を心底愛してる自分が居た。それに気づけたのさ。実はみんなそうなんだ。仮装を嫌いな人なんていやしない。パクチーが苦手だからトムヤムクンを食べないんじゃない。トムヤムクンが苦手なのをパクチーのせいにしてるだけなんだよ。

ー意味が分かりかねます。

S「俺もだよ。」




■だから言ったじゃん。



ー今回の仮装のテーマは?

S「ちょっと待ちたまえ。じゃあ君はあれか?映画を見に行く前に、出て来た人にキスシーンはあるか聞いたりするのか?」

ーそうですね。当日を楽しみにしろと。

好「平たく言えば、そうなるね。」

ーやはりまわりは意識しますか?

S「意識をしないと言ったら嘘になる。そんなにしてないけどね。ちょっとだけだよ。」

ー仮装で来た方には声をかける?

S「もちろん。写真を撮ったりして楽しむ。

ーそれ、普通ですね。

S「そうか?まあ、他にも酒を飲んだりして、色々話すよ。」

ー当日は酒もガンガン?

S「言っておこう。覚悟しろ。

ー相手が酔っぱらっちゃったら?

S「心の中でこう言うね。だから言ったじゃん。と。」

ーありがとうございます。最後に一言。

S「仮装で来い。全てを受け入れよう。」





f0150230_4353434.jpg



「キレてる6人」
〜お願いだ。もう一度だけ、ハロウィンを。〜

08.11.6(木)
@渋谷club-bar-FAMILY

door ¥2,000 w/f¥1,500
*仮装でご来店、または持ち込みされた方はその場で現金値引!

*GUEST DJ*
藤本ケイジョウ

*GUEST LIVE*
オトノ葉Entertainment
FULLMEMBER

*キレDJ's*
関口紘嗣
佐藤康介
SAVE
イーグル藤田

*キレLIVE*
The Grasshopper Set

*何らかの食物*
つまみ屋 俺の味

*着替えスペース設置で安心仮装!
[PR]

by thegrasshopperset | 2008-10-31 04:39 | バケラッタ
<< おすおす週末記 吉祥寺 >>